紫外線 アレルギー かゆみ

なぜ紫外線でかゆくなるのか

◆紫外線アレルギーの可能性あり
太陽光が降り注いでいる日中に出かけた際、皮膚がかゆくなると言う症状が見られた時は紫外線アレルギーの可能性があります。

 

紫外線にはUVA、UVB、UVCと主に3つの波長があります。

 

右に行くほど波長が短くなり、身体への害が大きくなります。

 

UVCはオゾン層で殆どカットされますが、UVAとUVBは地表に降り注いでいます。

 

UVAでもUVBでも紫外線アレルギーの発症が起こると言われています。

 

紫外線アレルギーが起きると皮膚がかゆくなるだけじゃなく、湿疹ができることもあります。

 

そのため日光湿疹とも呼ばれています。

 

 

◆紫外線でアレルギーが起きる理由と対策
紫外線を浴びると人は抗体を作って守ろうとします。

 

 

しかし日頃から浴び続けていると抗体量を超えてしまい、紫外線アレルギーの発症が起こるのです。

 

 

その他にも薬などが原因となり発症が起こることがあります。

 

紫外線アレルギーは紫外線の量が多くなる春から夏にかけて増える傾向があります。

 

その時期が来た時には紫外線対策を行って下さい。

 

中には日焼け止めクリームの成分が原因となるケースも見られます。

 

そのため日傘や帽子、UVカットの衣服などで紫外線対策を行った方が良いです。

 

帽子や衣服で紫外線対策を行う場合は素材にも注意して下さい。

 

以前は問題無かったのに今年から急に始まると言うケースもあるため、かゆみや湿疹など気になる症状が見られた時は医療機関で診て貰って下さい。

 

医療機関によっては光線過敏症テストが受けられます。

 

このテストでは問題無い範囲でUVAとUVBの紫外線を当てて、アレルギーを起こしているかどうか調べています。

 

紫外線アレルギーであると判明した時は適切な治療が受けられます。

 

肌の赤み(赤ら顔)におすすめの化粧水ランキング

おすすめの化粧水をランキング形式で紹介します。

 

ぜひ一度試してください。

 

しろ彩

白漢しろ彩

しろ彩の特徴

  • 頬や鼻、アゴの赤みに悩んでいる人向けの化粧水
  • 赤みの原因である毛細血管の拡がりにアプローチ
  • フランス地中海の美容成分「海洋性エキス」が毛細血管へ効果を発揮
  • 86%の人が赤みを軽減(試用期間28日)
  • ananなど有名雑誌でも紹介

 

価 格

通常価格5,600円(+送料600円)※定期コースなら4,480円

評 価

備 考

定期コースは20%OFF、送料無料、30日間返金保証

 

しろ彩の総評

しろ彩は肌の赤み(赤ら顔)に悩んでいた人向けに開発された商品です。

 

長い間、赤みで悩んでいた人はぜひ試してください。

 

 

 

アヤナス

【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

アヤナスの特徴

  • アヤナスはポーラ・オルビスグループの集大成
  • 特許技術で外部刺激をブロックし肌をいたわる
  • 高浸透セラミドが肌を保湿・保水し肌を守る
  • ベストコスメ5冠受賞
  • 初回限定で10日間トライアルセットあり

 

価 格

1,480円※トライアルセット

評 価

備 考

トライアルセットは化粧水など3点セット。さらにプレゼントあり、送料手数料無料

 

アヤナスの総評

アヤナスはシワ・たるみ・ほうれい線・黄ぐすみなどのケアをしながら肌を優しく癒やすコスメです。

 

肌の悩みに総合的にアプローチするので一度は試すべき化粧品です。

 

 

ULU(ウルウ)

ウルウの特徴

  • 肌のバリア機能の低下をカバーし毛細血管の赤を薄める
  • バリア機能に効果的なセラミドをしっかり補給できる
  • 赤ら顔対策はこれ1本でOK
  • 赤ら顔に悩む人たちの間で人気急上昇中
  • 香料や界面活性剤を使わない完全無添加で敏感肌の人にも安心

 

価 格

通常価格4,500円

評 価

備 考

お試しコースは3,600円さらに送料無料、ミニプレゼントあり

 

ウルウの総評

ウルウは赤ら顔に悩む人のために作られたオールインワン美容ミルクです。

 

赤ら顔をファンデーションで隠しきれない、顔の赤さを他の人に指摘される人など赤みに困っている人はぜひ試してください。

 

 

 

 

 

紫外線アレルギーに効果的な対策は?

今回は紫外線アレルギーに悩んでいる人に、紫外線アレルギーの対策法を紹介していきます。

 

 

 

 

◆なるべく紫外線を浴びない

 

紫外線アレルギーを防ぐ一番の対策はとにかく紫外線を浴びないことです。

 

 

日焼け止めを徹底的に塗る、サングラスや帽子、日傘、長袖を着るなどの対策が有効です。

 

 

なるべく日光の出ている10時〜14時の間は、外出するのは避けたほうがいいでしょう。

 

 

 

また、室内にいても紫外線は入ってくるため、窓ガラスやカーテンをUVカットのものにするのもおすすめです。

 

 

曇りの日でも紫外線は晴れの日と同じくらい出ているので、曇りの日でも油断せずに紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

 

 

 

◆ソラレンを含む食べ物を摂らない

 

 

「ソラレン」という成分を知っていますか?
ソラレンは体内に紫外線が吸収されるのを促進してしまい、光毒性のある成分のことです。

 

 

このソラレンが体の炎症の原因になり、紫外線アレルギーやシミ、そばかすの元になってしまうのです。

 

 

 

ソラレンは主に野菜や果物などに含まれています。

 

 

具体的には、柑橘系のオレンジやみかん、グレープフルーツ、キウイ、野菜の中では、きゅうりやセロリ、パセリ、しそなどがあげられます。

 

 

 

これらはビタミンCを多く含むので本来は体に良い食べ物です。

 

 

食べるタイミングが問題であり、朝や昼など、日光の出ている時には摂らないほうがいいでしょう。

 

 

夕方以降に食べる分にはもちろん問題ありません。

 

 

 

紫外線アレルギーに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 


更新履歴